テーブルバリエーション

KURAKIの横中ぐり盤は、標準のロータリーテーブルの他にも、ワークの大きさや加工内容に合わせて、さまざまなテーブルバリエーションをご用意しています。

目的に合わせて選べるラインナップ

■ロータリーテーブル(標準)

KBTシリーズ標準のローターリーテーブルは、左右どちらの方向にも360°旋回が可能で、NC直接指令による0.001°単位の高精度割り出しを実現。多面加工も一度の段取りで効率的に行なえるほか、旋回させながら切削する連続ロータリーミーリングも可能です。

  • ロータリーテーブル(標準搭載)
  • ロータリーテーブル(標準搭載)

■プレーンテーブル

ロータリー機能を省き、テーブル幅を広くすることで、重量ワークや長尺ワークの加工に対応します。1つのテーブルに複数の同形ワークを段取りすることで、効率的な連続加工も可能です。

  • プレーンテーブル
  • プレーンテーブル

■コンビネーションテーブル

ロータリーテーブルの両サイドにサブテーブルを配置し、長尺や複数ワークにも対応。サブテーブルは、ロータリーテーブルより低く設計されているため、テーブル回転時にワークと干渉する心配もなく、各テーブルに別々のワークを段取りすることもできます。さらに、正直台を使用することで長尺ワークの安定加工も実現します。

  • コンビネーションテーブル
  • コンビネーションテーブル

■オートパレットチェンジャー(APC)

複数のパレットを使用することで、加工中に平行して次のワークの段取りが可能。加工終了後は、自動的にパレット交換されるので、無人運転の時間を増やすことができ、省力化・生産性向上に大きく役立ちます。パレット数を増やすことで、より多くのワークを長時間連続して加工できます。

  • オートパレットチェンジャー(APC)
  • オートパレットチェンジャー(APC)

■チルティングテーブル(KBT-13T.Aのみ)

風力発電機の基幹部品であるロータハブの加工を目的に開発されたKBT-13T.Aに搭載された最新型テーブル。高精度な360°ロータリー機能に、最大3°までのチルティング(傾斜)機構を搭載。工具の角度移動や治具による面倒な段取りをせずに、傾斜面の多面加工が可能です。

  • チルティングテーブル(KBT-13T.Aのみ)
  • チルティングテーブル(KBT-13T.Aのみ)

テーブル機能早見表

  片面加工 多面加工 傾斜面加工 ロータリーミーリング 長尺ワーク 段取りの効率化 複数ワークの連続加工 無人運転化
●ロータリーテーブル(標準)        
●プレーンテーブル          
●コンビネーションテーブル    
●オートパレットチェンジャー(APC)    
●チルティングテーブル(KBT-13T.Aのみ)