先輩からのメッセージ

「セミナーへの参加や通信教育などで自己啓発に励みたい。」

情報機器開発室 若月 歩(平成25年入社)
若月 歩
情報機器開発室所属
システム開発担当
大学卒 情報工学専攻
平成25年入社



情報機器開発室 若月 歩(平成25年入社)

「どのような仕事をしていますか?」
設計を支援するコンピュータソフト「CAD」、そのCADで作ったデータを用いて、機械加工用のプログラムを作成するソフト「CAM」を開発している部署にいます。私はそこで、2次元/3次元 CADの機能強化や性能改善、新たなシステム開発に向けた技術調査をしています。システム開発では機能ごとに担当が分かれるため、設計から実装(プログラミング)、テスト、リリースまで一連の工程を行います。仕事を計画的に行う自己管理能力と、自ら調べ、学ぶ力が必要とされる仕事です。

「仕事でやりがいを感じるときは?」
システムを開発する上で、設計・実装などは性能的に自由度が高いため、自分自身で考えて進めていくことができます。また、部署内で意見や提案が行いやすく、良いものは尊重されるため、積極的に仕事に取り組むことができます。 これらは責任を伴うことですが、自分で考えて作ったシステムがお客様や営業担当者から評価されると、本当にやりがいを感じます。

「仕事での今後の目標や夢は?」
夢ではありますが、やがては現行のCAD/CAMに代わる主力ソフトやシステムを開発してみたいという思いがあります。 機械加工技術の知識をより深められるよう、自己啓発に励み、お客様のニーズ、市場や業界の動向、ソフトウェア・ハードウェアのトレンドを捉えながら仕事に臨むつもりです。

「あなたが感じる会社の雰囲気は?」
私が持つ会社のイメージは、“真面目で積極的”。組織の規模はそれほど大きくはありませんが、だからこそ一人ひとりが自分の仕事に責任を持って日々の業務に取り組んでいます。 また、組織レベルでは市場の海外展開、個人レベルではさまざまセミナーに参加したり、通信教育などによる自己啓発に活発に励んだりと、積極性を強く感じます。

「学生時代の経験が今、活かされているようです。」

開発部 江口 茂之(平成18年入社)
江口 茂之
開発部所属
電気設計担当
大学院卒 電気電子工学専攻
平成18年入社



開発部 江口 茂之(平成18年入社)

「どのような仕事をしていますか?」
工作機械の制御盤の設計と特殊機能のソフトウェアの設計開発を行っています。特殊仕様の機械においては、設計だけでなく実際に機械が組み立てられた後に、動作をチェックします。営業の担当者を通じて、お客様からさまざまな要求がきますので、その期待に応えられるように仕事をしています。問題についての原因の考察と、解決の方法について理論的に考えることが必要とされる仕事です。

「あなたが感じる会社の雰囲気は?」
工場と設計の場所が近いので、自分の部署以外の人でもどんな人なのか分かります。会社の規模が大きすぎも小さすぎもせず、居心地はいいです。仕事には厳しい方ばかりですが、気軽に話しかけてくれる人も多く、困った時にお願いすると、皆さん親切に対応してくれます。

「学生時代に力を入れたことは?」
学生時代は、勉強以上に部活や学校行事に積極的に取り組みました。部長として人をまとめることで、人に頭を下げてお願いすること、問題を解決まで導くための忍耐力が多少養われたかもしれません。学生時代にたくさんの経験をしたことが、社会人となった今、活かされているようです。

「就職活動のアドバイスがあれば」
就職には、少なからず当たりハズレが付き物だと思います。しかし、それを気にして不安になり過ぎると就職活動が嫌になったりして、かえって失敗してしまうのではないでしょうか?就職も人生もめぐり合わせ!自分でよいと思ったことに、勢いで進むことも大事ですよ。就活学生さん、応援しています。頑張って下さい。

「当社の製品を買って良かったと思われるような製品を作り続けたい。」

開発部 志田 淳(平成15年入社)
志田 淳
開発部所属
機械設計担当
大学院卒 機械工学専攻
平成15年入社



開発部 志田 淳(平成15年入社)


「どのようなことが求められる仕事ですか?」
機械に関する知識が必要なのはもちろんのこと、忍耐力や判断力、同時並行的に物事を処理する力が必要とされる仕事です。また、この仕事では決められた時間で答えを出す力や、問題を解決まで導く思考が身に付くと思います。努力を続けられる人、自分で考え物事をまとめられる人、積極性のある人がこの仕事に向いていると感じます。

「この仕事で自慢できることは?」
一つの機種を一人で担当するので、責任が重大で大変ですが、無事に製品が完成し、出荷できた時の達成感は大きいです。意欲さえあれば、特殊な機械を一から設計させてもらえることもあります。ものづくりが好きな人にとっては、とても面白い仕事ではないでしょうか。

「仕事上でチャレンジしている点は?」
なるべく少ない時間で、仕事を仕上げるように努力しています。また、これまで良いとされていたやり方であっても、それが妥当かどうか確認して、必要があれば改善するようにしています。時代の変化に合わせ、改善の毎日です。

「あなたが感じる会社の雰囲気は?」
私の部署は、比較的のんびりした雰囲気で、ギスギスした感じはあまりないように感じます。また、仕事上で判断を任される部分が多いため、自分の考えを仕事に反映しやすい職場であると思います。

「仕事上の今後の目標や夢は?」
ここでしかできない製品や技術を開発し、今よりももっと魅力的な会社にしたいと思っています。また、製品を購入したお客様が、当社の製品を買って良かったと思われるような製品を作り続けたいと思っています。

「お客様にとって何が一番良いのか、少しずつ経験を積み重ねながら学んでいます。」

海外営業部海外営業課 小川寛子(平成19年入社)
海外営業部/海外営業課
小川寛子(平成19年入社)

工作機械メーカーですので、扱う製品はもちろん機械やその部品ですが、はじめは機械の事は全く分かりませんでした。当社の機械を初めて見たのは入社式の時でしたが、私の身長の数倍もあり、「何て大きいのだろう」と思った事を覚えています。私は、入社後に海外営業部に配属されましたので海外のお客様を相手に仕事が出来ると思い、不安はありましたが、その反面どんな仕事が出来るのかが楽しみでした。また、私の仕事のひとつに部品の見積りから発注、発送、請求まで一通り行う作業があるのですが、機械のことが分からない当時の私にとっては、つまずく事だらけでした。もちろん今もそうですが、誰に相談すれば解決出来るかが分かるようになり、仕事が効率よく進むようになりました。経験を重ねることで、どうしたらもっと効率よく仕事が進むのかと考える余裕も出来ました。今は、その時どきの状況を踏まえ、どうすることがお客様にとって一番良いのか、その時その時で適切な対応が出来るよう、素早い判断力を身に付けていくことが、私の目標です。

「意欲次第で仕事を任せてもらえる環境と、丁寧な先輩方に恵まれ、毎日充実しています。」

海外営業部海外営業課 金子隆行(平成21年入社)
海外営業部/海外営業課
金子隆行(平成20年入社)

工作機械は、一般の方にはほとんど知られていないものかもしれませんが、世の中には無くてはならないものです。社会の必需品である自動車、その燃料であるガソリンは、石油の油田を掘らないといけません。また、建物は建設機械が無ければ建られません。工作機械は、油田開発の重機製造や、建設機械の部品製造を担っており、その他にも様々な産業を支えています。この重要な役割を果たしている工作機械こそが当社の商品なのです。当社の先輩方は丁寧に教えてくれるので、機械に関して知識が無い方でも意欲があれば問題ありません。私が所属する海外営業部は、意欲があれば多くの仕事を任せてもらえます。自主性を重視され、主体的に仕事をしてみたいという方は大歓迎です。当社は現在、海外展開も積極的に行っており、海外駐在もあります。これからますます海外の需要が増えることが見込まれており、販売先は全世界です。私たちとともに、世界を相手に勝負してみませんか?

「巨大な工作機械を自分自身の手で組み立てる醍醐味は、他では味わえません!」

製造部組立課 高橋直樹(平成22年入社)
製造部/組立課
高橋直樹(平成22年入社)

私が所属する組立課では、工作機械を組み立てて完成させ、出荷直前にその機械を一旦解体し、機械をお客様の元へ納め、そこで再度組み立て直すという仕事をしています。仕事では緻密さを要求されることが多く、私にとって大変な作業もありますが、巨大な機械を組み立てることには大きな達成感があり、とてもやりがいを感じています。入社前は、工作機械メーカーでの仕事が自分にできるのかとても不安でしたが、経験豊富な先輩方が丁寧に教えて下さるので、今では安心して仕事をすることができています。当社は、国内のみならず海外にも事業所があり、出張や出向することがありますので、海外で仕事をしてみたいという方には合うのではないでしょうか。また、当社にはクラブ活動があり、仕事以外にも先輩方と交流を深める機会があります。私自身も野球部やフットサルクラブ、将棋クラブに所属しており余暇を楽しんでいます。

「自分で考えたものを図面にし、製品として世に送り出せるのは、すごくうれしいですね。」

開発部 小林健(平成22年入社)
開発部
小林健(平成22年入社)

当社は、現場(製造部門)との距離がすごく近い会社だと感じています。それは、当社がたくさんの機械を流れ作業的に量産しているというより、お客様の要望に応える機械を1台1台作っている点にあり、現場の方から「こういう風にしてみてはどうか?」といった意見をすぐに取り入れることができるところだからです。 私の部署は開発と設計の両方の業務を兼ねており、自分で考えたものを自分で図面にし、それが製品となって世の中に出て行くのはうれしいし、やりがいがあります。また、仕事では学生時代のテストと違って100点の仕事をして当然で、それ以上のものを求められることが厳しいところです。一人では難しい場合もあるので、上司や先輩に相談しながら、より良いものを作り、自分もスキルアップしていくことが大切だと思っています。学生の皆さんに伝えたいことは、「勉強でも研究でもやらされていると思っていてはダメ。自ら進んで学ぶことができる人になってほしい」ということです。頑張って下さい!