MYPAC SUPER CAMシステム マシニング加工モジュール

2軸、2軸半加工「MILL/TOOL/NC2.5」

  • ・2次元図の線指定でも3次元モデルのエッジ、フェース指定でも2軸、2軸半加工が行えます。
  • ・製品モデルと素材を認識して、自動で加工範囲を計算します。そのため、加工範囲の作図・設定が不要になるだけでなく、早送りで素材にぶつかるなどのトラブルも回避できます。
  • ・一度CAM計算を行った形状では、形状の変形を行なった場合に自動で計算が再実行されます。
  • ・全自動モードでは穴加工(センター、下穴、タップ)、区域加工(荒加工、底面・側面仕上げ)などの加工工程を登録でき、形状を指定するだけで仕上げまでの全工程の計算が行えます。
  • 2軸、2軸半加工「MILL/TOOL※1/NC2.5※1」
  • 2軸、2軸半加工「MILL/TOOL※1/NC2.5※1」
  • 2軸、2軸半加工「MILL/TOOL※1/NC2.5※1」

2軸半形状の荒加工、高速加工「HSR2.5」

2軸半形状の荒加工、高速加工「HSR2.5※2」

  • ・2次元図からの2軸荒加工はもちろん、3次元モデルからの2軸・2軸半荒加工でも、トロコロイド、S字移動、コーナー丸めなど負荷を均一化する高速加工に対応した軌跡を生成します。
  • ・2軸、2軸半形状に対して3軸CAMと同様、製品モデルと素材を指定するだけで、一括して最初の工具での荒加工、細い工具での削り残り荒加工が行えます。

3軸加工「3D」

3軸加工「3D」

  • ・複数の工具を指定するだけで、荒加工から削り残り荒加工まで簡単に計算できます。また、トロコイド、S字移動、コーナー丸めなど負荷を均一化する高速加工に対応した軌跡を生成します。
  • ・仕上げの等高線加工では、角度指定により自動で緩斜面部を等ピッチ加工したりピッチの広い部分に自動で軌跡を生成するなど、どのような形状でもきれいに仕上げる軌跡を計算します。
  • ・走査線加工では、形状のエッジ部分に接しながら進行方向を変えるのではなく、エッジから離れて進行方向を変える機能を盛り込み、エッジ部のダレの懸念を解消しました。
  • ・削り残り加工では、急傾斜部は等高線で低傾斜部はエッジ沿いで効率よく高速に加工できる軌跡を生成します。

pagetop

NC-EDIT/DNC

  • ・工具軌跡の描画を行い、NCデータの検証を行います。
  • ・高速の描画と適切なエラー表示、座標、NCコードの表示機能によりNCデータの検証を迅速、確実に行えます。
  • ・DNC運転の出力装置としても利用できます。
  • NC-EDIT/DNC
  • NC-EDIT/DNC

切削加工シミュレーション「NC-JOB/CLシミュレータ」

切削加工シミュレーション「NC-JOB/CLシミュレータ」

削れている様子をシミュレーションし、形状、干渉の確認が行えます。NCデータとCLデータの2タイプの使い分けが可能で、全工程完成後の一括シミュレーションも、各工程を作成するごとに1工程だけのシミュレーションにも対応します。切削シミュレーションNCデータからのシミュレーションの部分だけを「NC-JOB」として単体でも販売しています。

マシンシミュレーション

マシンシミュレーション

機械全体の動きをシミュレーションし、機械と素材、機械自体の干渉の確認が行えます。NCデータとCLデータの2タイプの使い分けが可能で、全工程完成後の一括シミュレーションも、各工程を作成するごとに1工程だけのシミュレーションにも対応します。