内径精密加工専用機 KURAKIの高品質ワンパスホーニング

高精度位置決めや高精度中ぐり主軸技術など、KURAKIが誇る数々の工作機械開発技術を生かして誕生したKIPシリーズ。たった1回のツールアクションで、φ1~50mmの小径精密研削を可能にしたワンパスホーニングの画期的技術が、加工工程の短縮、ワークの加工バリエーション拡大に大きく貢献します。

精密研削を飛躍的に効率化するワンパス加工

ワンパスホーニングは、ワーク内径にツールを1回通すだけで高精度研削が行なえる画期的な加工法です。専用の電着砥石に回転切り込み運動と微振動を同時に与えながら、上下に1往復することで、粗研削から仕上げホーニング、鏡面加工までが1台で可能です。従来のホーニングに比べ、加工時間が圧倒的に短く、タクトタイムも一定なので、生産ラインの効率化と安定化が実現できます。

微振動により、効果的に切屑の排出ができ、目詰まりやワークへのキズの発生を防止します。さらに、研削剤の供給もスムーズなり、ワークと砥石の温度上昇を抑えることができます。

精密研削を飛躍的に効率化するワンパス加工

自社設計による高精度の専用ツール

KIPシリーズ専用に開発されたダイヤモンド/CBNツールは、お客様の加工内容に合わせて経験豊かな技術者が設計・管理を行ないます。砥粒は再電着により何度も再生でき、コストパフォーマンスも良好。高い砥粒保持強度で高硬度の焼入れ鋼も、加工条件によりワンパスで約0.1mm径切り込みが可能です。面倒な工具径調整も圧倒的に容易にしました。

主軸ユニット先端は、高精度なコレットチャックを採用し、ツール交換による繰り返し精度を高めました。オプションで自動工具拡張装置、ATCを付加すれば、さらなる自動化も可能です。

自社設計による高精度の専用ツール

多種多様なワーク素材、加工形状にも対応

ワンパスホーニングでは、振動幅と振動回数の設定により、研磨代の多いワークの重研磨が可能です。また、切屑が短く切断されるので目詰まりしやすいアルミ、ステンレスなど軟質・難加工素材にも対応。主軸の回転と振動は別々に駆動できるので、縦振動のみの加工なども可能です(KIP-50、KIP-200は除く)。

■加工可能な素材例
鋳鉄、鋼材(焼入れ鋼)、ステンレス、アルミニウム合金、銅合金、超硬、セラミックス他
■加工形状例
キー溝、貫通穴を持つ穴、異形状

KIPシリーズ加工事例

業種 自動車
品名 インジェクター 歯車 スリーブ
形状 インジェクター 歯車 スリーブ
寸法 φ6×23mm φ16×20mm φ10×65mm
材質 SUS440C SCM220 アルミ
加工工程 3 3 2
加工時間 18sec 12sec 12sec



真円度 0.2μm 0.3μm 0.5μm
円筒度 0.4μm 0.5μm 1.5μm
面粗度 Rz 0.2μm Rz 0.5μm Ra 0.7μm
加工取代 30μm 80μm 50μm
機種 KIP-50 KIP-300 KIP-300
業種 油圧機器 セラミック
品名 バルブボディ スリーブ/ブッシュ
形状 バルブボディ スリーブ/ブッシュ
寸法 φ18×50mm φ2.5×12mm
材質 FCD500 セラミックス
加工工程 2 4
加工時間 30sec 18sec



真円度 0.6μm 1.0μm
円筒度 2.0μm 1.0μm
面粗度 Rmax 1.5μm Rz 0.8μm
加工取代 30μm 10μm
機種 KIP-300 KIP-50

注記:上記の数値は、一定の条件下で加工したものです。